実体験 雑談

双子の生活リズムは合わせるべき?それとも各々を尊重するべき?

赤ちゃん発熱対応

双子育児には、様々な問題が発生しますが、その一つとして、双子の生活リズムがそれぞれ異なるという点があります。

 

こうした場合、それぞれの生活リズムを揃える方が良いのか、それとも無理はせずに、お互いの生活リズムに合わせていくのが良いのか悩むこととなりますが実体験を持って話していきたいと思います。

 

双子の生活リズムは合わせるのが正解

実際に双子を育てていると気がついたのですが、お互いの生活リズムが揃っていないと育児難易度が急激に上がります。

 

片方が寝ているところで、片方にご飯を食べさせて、片方が泣いてるうちに、片方がお散歩の時間、そのうち片方がおやつタイムとなって、また片方がお昼寝。

となってくると、もうパパとママは大混乱です。

 

子供の成長を考えるとそれではリズムを尊重するのが良いのかもしれませんが、そもそもでそれは無理な話です。

生活リズムを合わせるメリット

双子の生活リズムを合わせることは、パパママの生活リズムも合わせるということで、そこは、最大のメリットだと思います。

 

食事もいっぺんに済ますことができるし、二人がお昼寝したら、パパとママは休憩したり、家の用事をしたり、少なくとも自由に動ける時間を確保することができます。

また同時にお風呂を入れることができたりと育児家事に対する作業効率は非常に良くなります。

 

これは最大のメリットと言えるでしょう。

 

また双子が同じ行動することによって、二人の差であったり、成長の違い、個性を感じやすくなるのも、また大きなメリットと思います。

 

この子はご飯を食べる時に、口いっぱいに含むけど、この子はしっかりともぐもぐする。

間でお茶を飲む、全く飲まないといった、小さな事に気付きやすくなるのも、大事なメリットだと思います。

 

双子も親も無理して合わせる必要はない

その一方で、双子に関しても、パパもママも無理をしてまで合わせるというのは、必要がないと思います。

 

例えば双子の片方が起きてきて際に、おっぱいを飲ませるタイミングで、もう片方も起こしてまで授乳をするというのは、少し無理をしていると考えます。

双子とはいえ、個人差はあるので眠る時間だけでも違いはあるのでそこまで大きく考える必要はありません。

 

起きる時間や、寝る時間。

またご飯を食べる時間や、お散歩の時間など、生活をする上で大まかな時間を揃えていく、という考え方で良いと思います。

 

むしろ実際に育っていると、それ以上の生活リズムの一定化はとても難しいものがあると感じました。

 

双子の生活リズムを合わせるためのコツ

年齢を重ねるほどに生活するのは自然と揃って行きますが、新生児や赤ちゃんの時に合わせるには、少しパパとママが工夫する必要あります。

 

太陽の光を浴びる

朝起きる時間に合わせて、太陽の光を取り入れるのも、一日の生活リズムを整える良い方法だと思います。

これは赤ちゃんや双子だけではなく、大人にも同じだと言えますね。

 

一方で、特に新生児などは、まだ肌がとても弱いので、直接、太陽の光に当たることが良くない場合も。

例えばレースは閉めたままにするとか、少し寝室から離れた部屋の窓から光を入れるなど、工夫するようにしましょう。

 

午前中は散歩の時間にする

朝起きる時間を一定にしていくと、授乳や離乳食の時間が決まっていき、そこから、お昼寝までの時間も計算できるようになります。

 

そこで有効なのがお昼寝前のお散歩です。

しっかりと、外の空気に触れることによって、また生活リズムが一定に整っていくのは、大人も同じことですね。

 

そうすることによって、お昼寝のタイミングも揃うようになっていきます。

 

パパママは神経質にならないことを心がけて

同じ双子でも生活リズムがなかなか揃わないことも多々あります。

せっかく揃ったなと思っても、体調であったり、環境であったり様々な要因によって眠るタイミングがずれたりすることが発生します。

 

これには、パパママは「双子ってこういうもんだ」と受け入れて、あまり焦ったり神経質になったりすることなく、自然体で受け入れてあげるようにすると良いでしょう。

 

できるだけ、夜は早いタイミングで双子揃って、眠ってくれないと、なかなか家事や片付けが進まない!!

という気持ちは痛いほど分かりますが、そういつもいつもうまくいかないのはが双子育児と割り切りましょう。

 

そんな日は諦めて一緒に朝まで寝るのも良いですね。

 

難しいテーマではありますが、双子の生活リズムを合わせないで、育児をすることはなかなか難しいです。

それでも生活リズムを合わせることだけに、一生懸命にならず、自然体で出来るだけしていくという考え方でいくと、双子ものびのびと育っていくのではないかなと思います。

 

肩肘張らず親も生活リズムを崩さないというのが正解ですね。







-実体験, 雑談

© 2022 ふたごろぐ