知識・制度

絶対ダメ!妊娠中に子供の食べ残しを食べると「サイトメガロウィルス」感染の可能性あり!!

育児で毎日クタクタなさんぱぱ@futagopa)です。

 

サイトメガロウイルスをご存じでしょうか。

この名前が怖いウィルスは感染しても症状がほとんどなく、成人であれば70%は感染(完治)していて免疫がついているのが一般的です。

そのため感染したかどうか知っている人はほとんどいないでしょう。

 

そしてサイトメガロウイルスは妊娠中に感染してしまった場合、お腹の中の子どもに悪影響を与えるので注意が必要です。

 

パパ
赤ちゃんを守るためにもサイトメガロウイルス対策をしよう
妊娠中は絶対気を付けないとダメね
ママ

サイトメガロウイルスとは

サイトメガロウイルスという名前を聞く機会はほとんどありませんが、とてもポピュラーな菌です。

感染してもくしゃみ・咳・微熱が発生するかしないかの「軽い風邪程度の症状」しかなく、気付くことはないでしょう。

 

パパ
振り返っても全然疑うことがない

 

健康な大人や子供が感染しても全く問題はありませんが、妊娠中の女性が感染すると大きな問題を引き起こす可能性があります。

妊娠中の感染は赤子に影響あり

妊娠中の母親が感染した場合、母親に症状が出ることはほとんどありません。

 

症状が出るのはお腹の中の赤ちゃん。

もし感染した場合は流産や、赤子の成長に悪影響(脳や聴力に障がい)が発生するリスクが高くなります。

 

ママ
これは気を付けないと!!

 

出生時に症状がなくとも成長とともに発生する場合があり、現在ワクチンなどが存在しないものとなります。

サイトメガロウイルスの感染理由

サイトメガロウイルスは、子どもの唾液や尿といった排せつ物がほとんどの感染源であり、空気感染の可能性はほとんどありません。

そのため1人目のお子さんが感染している可能性は低いのですが、2人目以降になると可能性が高くなるウィルスです。

 

前述したとおり70%の成人女性には抗体がありますが、裏を返せば30%の成人女性は抗体がないため感染の可能性が高くなりますので、その割合は小さくありません。

 

ただ感染源がはっきりしているので妊娠中に対策を行えば、感染リスクを下げることが可能です。

 

パパ
家族でしっかり意識すれば防げるウィルスです
反対に知らないと感染する可能性が高いウィルスでもあるね
ママ

 

サイトメガロウイルスに感染しないために

サイトメガロウイルスは空気感染ではなく直接、触れたり口に入れることにより感染することが大半です。

そのため母親はもちろんながら家族全員が意識すれば感染リスクは大幅に減らすことができます。

 

ママ
とくに父親が理解することは大事ね
が、がんばります!
パパ

 

子どもの食べ残しは絶対にNG

まず何より子どもの食べ残しを食べるということは絶対にNGです。

感染源となる子どもの唾液がついた食べ残しを妊娠中に食べるということは、サイトメガロウイルスに限らず様々なウィルスを直接口に入れているのと同じです。

 

箸やスプーンなどを一緒に使わない

大皿で料理を出す場合は直箸で取らない

飲み物を共有しない

 

また子どものご飯は少なめにして、足らなければおかわりするなど食べ残しが発生しないようにするのも有効です。

これらを徹底して口から直接ウィルスを取り込まないようにしましょう。

 

パパ
食べ残しはパパが食べよう

手洗いの徹底は大事

インフルエンザや他のウィルス予防と同様に手洗いは有効です。

母親自身の手だけではなく、子どもの手もまめに洗うようにしましょう。

 

その時に手を拭くタオルは子どもと別にすることが重要です。

嘔吐やおねしょはパパが対応

尿はサイトメガロウイルスの温床。

もし子どもがおねしょをした場合はパパが処理するようにしましょう。

 

ママ
ウィルス関係なく妊娠しているのだからパパがやるべきよね
今日からやります!
パパ

子どもにきっちり説明しておこう

食べ残しだけてはなく、子どもが自分の食べ物をママに「あーん」してくる時もあります。

またチューをおねだりしてくる時もあります。

 

どちらもカワイイので、ついついやりがちですがサイトメガロウイルス感染の可能性が高いので避けておきましょう。

 

言葉が話せるようになっているのなら、事前に子どもには説明しておきましょう。

なぜ出来ないのかを伝えておくことが大切です。

 

説明せずに避けるのは子ども心に傷つく可能性があります。

 

意外と知られていないサイトメガロウイルス

サイトメガロウイルスの感染リスクはとても高いのてすが、まだまだ知られていないものです。

 

しっかり知識を付ければ防げるウィルスですので、妊娠中は周りの方に理解を得られるよう説明しておくのも良いと思います。

 







-知識・制度

© 2022 ふたごろぐ