知識・制度

赤ちゃんが夜間に発熱した時の対応!38度は安全?39度は?40度は緊急事態?

赤ちゃん発熱

育児に関して知らないことが多すぎて知恵熱を出しているさんぱぱ@futagopa)です。

 

まだ生後間もない赤ちゃんの急な発熱にはオロオロとなりがちですが、パパママとしては焦らず対応したいものですよね。

 

発熱に関して正しい対応方法を理解しておくことで小児科、また夜間や休日であれば救急病院に連れていく必要があるかなど的確に判断することができます。

 

ここでは赤ちゃんが発熱した場合の対応・対処法について説明します。

 

パパ
もし少しでも異変を感じたら、すぐに専門・医療機関に相談してくださいね

 

赤ちゃんの発熱で危険な場合

以下の症状が発生している場合は発熱の程度に関わらず、すぐに医療機関を受診する必要があります。

 

  • 水分が取れない(ミルクが飲めない)
  • 呼吸が苦しそう
  • 意識がもうろうとしている
  • 普段と様子がおかしく異常を感じる

 

普段と様子が違うかどうかは自信が持てないことがありますが、こういう場面において親が感じる違和感は当たっていることが多いものです。

もしハズレていれば、それはそれで良かったとするぐらい慎重になって良いと思います。

 

生後3ヶ月未満の場合は何度から危険?

赤ちゃんが生後3ヶ月未満で38度以上の発熱がある場合、すぐに病院に行くようにしてください。

この時期は赤ちゃんの身体は発達途中の未成熟な状態なので発熱による影響を大きく受けてしまいます。

 

また生後3ヶ月未満で発熱した場合は入院して治療となることが多いので、あらかじめオムツや着替えなどを準備しておくことをオススメします。

小児科の受診の場合は大きな専門医療機関への招待状を渡されると思いますので、一度帰宅して用意することも可能ですが、出来るだけ素早く受診できるようにしましょう。

 

入院してからは赤ちゃんを置いて帰宅することは難しいので、付き添いするパパやママの着替えなども持参すると便利です。

 

なお38度未満であれば問題ないということではありませんので、しっかり様子をみて判断する必要があります。

 

少しでも迷ったら専門機関に相談しよう

子どもの体調に異変を感じるを救急車を呼んでも良いのか、救急病院に連れていくべきか、このまま様子を見て良いのか。

 

少しでも迷うときは専門機関に相談するのが一番です。

個人的にはパパママが感じる大抵の違和感は正解だと思っています。

 

子ども医療電話相談事業(♯8000)

 

保護者の方が、休日・夜間の子どもの症状にどのように対処したら良いのか、病院を受診した方が良いのかなど判断に迷った時に、小児科医師・看護師に電話で相談できるものです。

この事業は全国統一の短縮番号#8000をプッシュすることにより、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けられます。

 

子ども医療電話相談事業は全国どこからでも、またスマートフォンからでも♯8000に電話をかけることで小児科医師や看護師の相談することが可能です。

 

各地域の相談窓口に繋がるため、受診する際の救急病院の案内もしてもらえます。

もちろん電話上で診察や最終的な判断を求めることは出来ませんが、初期対応やどうするべきか迷った際にある程度の方向を示してもらえるので、いざという時に助かります。

 

救急安心センター事業(#7119)

「すぐに病院に行った方がよいか」や「救急車を呼ぶべきか」、悩んだりためらわれた時は、救急安心センター事業(#7119)に電話してください!
電話口で医師や看護師等の専門家が救急相談に応じます。

 

救急安心センター事業も#8000と同様に#7119に電話をかけることで、救急病院での受診や救急車の出動が必要か判断してもらえます。

赤ちゃんの意識が朦朧としている、けいれんしているなど危険な状態だけど様子を見るかどうしたら…と迷いが生じるのであればすぐに連絡して相談しましょう。

 

パパ
#8000は小児を専門とした医療相談で#7119は救急車を呼ぶ必要性があるかが焦点です
赤ちゃんや子どもの場合は#8000で「相談」することの方が多いかもしれません
ママ

 

赤ちゃんが発熱したときの対応方法

赤ちゃん発熱対応

赤ちゃんが発熱した際には慌てず落ち着いて行動することが必要です。

それでも急な発熱に毎回オロオロしていまいがちなのですが、以下の手順を心掛けて行動しています。

 

発熱を感じたら体温と時間をメモする

赤ちゃんの様子がおかしかったり身体が熱いと感じたらすぐに体温を測りましょう。

発熱している時間が短いのか、また長時間(1時間以上継続)なのかにより対応が異なってくるので、体温を測った時間を一緒にメモしておきます。

 

一時的に発熱があっても、すぐに低下した場合は身体の中に熱がこもっていたことが考えられます。

パパママでも夏場に外出すると身体が熱くなるのと同じで、生後間もなければ間もないほど熱はこもりやすくなります。

 

赤ちゃんの手足から発熱を予想する

一般的に発熱がある場合、手足が冷えていると熱が上昇し、熱い場合は熱が上がりきっているとされています。

 

そのため手足を触ってみることで発熱がピークなのかどうか、ある程度の予測を行うことが出来ます。

手足が冷たい場合はタオルケットやおくるみ等で少し身体を温めてあげましょう。

 

パパ
手足は熱い方が安心できますね
冷たいと今以上に熱が上がる可能性があるので、余計にオロオロしちゃう
ママ

 

衣類を薄着にして熱を発散させる

発熱を確認したら季節や気温との兼ね合いにはなりますが、冬場の寒い時期でなければ少し薄着にしてみます。

 

発熱の原因が単純に赤ちゃんの身体に熱がこもっている場合もありますので、薄着にすることで発散をしてあげます。

この時に無理に身体を冷やそうと、冷たいタオルなどをあてることは危険なのでやめてください。あくまで自然に放熱するかどうか様子を見ます。

 

夏場であれは肌着一枚、春や秋であれば肌着にタオルケットぐらいでしょうか。あくまで赤ちゃん自身が寒そうにしていないか、よく見ながら調整します。

ただ熱がこもっているだけの場合は1時間を目安として普段の平熱に戻ってくれるはずです。

 

母乳やミルクの授乳具合を確認

タイミングによっては授乳をすることで赤ちゃんが水分を摂取できるか確認します。

水分が摂取出来ない場合は危険と考えられますので、その場合は速やかに救急病院などで受診する必要があります。

 

ただ前の授乳から時間が経過していない場合、無理に飲ませようとしても嫌がるだけなので、それはやめておきましょう。

 

ママ
普段通り授乳が出来ていれば少しだけ安心です

 

無料相談機関を利用する

38度以上の発熱が続いていたり、薄着にしても熱が下がらない場合は前述した#8000などの専門機関に相談します。

 

もちろん、赤ちゃんの呼吸が苦しそうな場合やミルクを全く飲まないなど普段と様子が異なる場合は、すぐに相談することをお勧めします。

 

赤ちゃんに異変を感じたら迷わず受診・相談

親なら誰もが経験したことがあるかと思いますが、赤ちゃんが発熱したり具合が悪そうであったり、何かしら異変を感じたけども救急車を呼ぶべきかどうか、救急病院に連れていくべきかどうか迷うことがあります。

 

そうした時は前述の専門機関に連絡すれば、救急車の出動要請が必要かどうかも含めて相談することができますので、まずは迷ったら相談を心掛けてください。

親が我が子に対して感じた違和感のほとんどが当たっています。なにより救急車を呼ぶと言うと大事に感じますが、赤ちゃんを守るために迷ったら即相談です。

 

オロオロしがちな赤ちゃんの発熱ですが、1つ1つ行動することで迅速な対応が可能です。

もし夜間や休日など近隣の小児科が休診中に発熱があった場合に参考になればと思います。







-知識・制度

© 2022 ふたごろぐ